あなたのiPhoneは大丈夫?ウイルス感染の症状とセキュリティ対策

あなたのiPhoneは大丈夫?ウイルス感染の症状とセキュリティ対策

iPhoneはウイルスとは無縁だと思って油断していませんか?

Androidと比べるとウイルス感染しにくいとは言われていますが、今ではiOSをターゲットとしたウイルスや悪質なアプリが出てきています。

今回はiPhoneとウイルスの関係、症状や対処法、対策方法についてご紹介します。

iPhoneが安全だと言われる理由

一般的にiPhoneが安全だと言われる理由とは・・・?

アプリの厳しい審査

iOSではApple Storeでしかアプリを入手できません。
Apple Storeで公開されているアプリはAppleの厳しい審査を通過したものに限られています。Androidに比べるとアプリの数は減りますが、より安全で良質なアプリが揃っていると言えます。

セキュリティ機能が揃っている

iPhoneには標準搭載されたセキュリティ機能があります。これらを上手く使いこなすことで手軽にセキュリティ対策ができるのです。

■iPhoneを探す
iPhoneに初期搭載されている「iPhoneを探す」というアプリ。
このアプリが活躍するときはiPhoneを紛失、盗難にあったときです。遠隔操作で端末の位置情報を取得できたり、端末が見つからない場合には初期化することができるので、個人情報流出を防ぐことができます。

■データの暗号化
iPhone内のデータは全て暗号化されています。

■Safariのセキュリティ機能
iPhoneの標準搭載ブラウザと言えば、Safari。iPhoneの方にとっては馴染みのあるブラウザですよね。
Safariには詐欺サイトを検知する機能があり、詐欺サイトを警告してくれる設定があります。

このような要因から、iPhoneは安全だと言われ続けてきました。
しかし、冒頭でもお伝えしたように、iOSでもウイルス感染の危機にさらされている時代が来ているのは確かです。

どうしてウイルス感染するのか?

アプリや音楽ソフト、同期したPCなどがPhoneのウイルス感染の原因となっている

ウイルス感染リスクが低いといわれるiPhoneがウイルス感染する理由とは何なのでしょうか?考えられる原因を追究しました。

アプリによる感染

iOSのアプリはAppleの厳しい審査を通過したものではありますが、それを潜り抜けてきたウイルス混入アプリが中国の公式App Storeで発見されました。
iOSのアプリだからといって必ずしも全てのアプリが安全であるとは言えなくなりました。

パソコンからの感染

Windows/Macのパソコンを介して感染する新型ウイルス、「Wirelurker」が2014年に発見されました。ウイルスに感染したパソコンにiPhoneを接続してしまうと、ウイルス感染したアプリに置き換えられてしまいます。
感染したアプリによって連絡先などの個人情報が盗まれる可能性がありますが、あまり目立った動作ではないので感染したこと事態気付きにくいものになっています。

ソフト・動画・音楽ファイルからの感染

ネット上には有料だけでなく無料で配布されているソフトや写真、動画、音楽ファイルがたくさんあります。それらをダウンロードする際に、解らないようにウイルスも一緒にインストールさせる悪質なケースがあります。
そのファイルの内容だけでなく、制作元や配布しているサイトの信頼性などを確認してから視聴したりダウンロードすることが大事です。

メールの添付ファイルからの感染

メールに添付されたファイルがウイルスプログラムである場合や、メール本文に載っているURLをクリックしてウイルス感染するもの、メールを受信しただけでも感染するものだってあります。

このように、iPhoneだってウイルスに感染する可能性はたくさんあるのです。
特にウイルスにはいくつかの種類があり、その中には正体を隠して侵入してくるものや動作が分りにくいものもたくさんあり、気付いたときにはもう手遅れという場合もあります。

ウイルス感染した時の症状

ウイルス感染した時の症状は様々だが、気付かない場合が多い

ウイルス感染に気付かない場合もたくさんあります。
たとえば、

  • 勝手にウイルスメールを拡散させる
  • 端末内の情報を流出させる
  • WEBカメラからこちらをのぞかれる

など・・・
気付かないうちに恐ろしい状況になっています。

しかし、動作などで症状を確認できる場合もあります。
こんな症状が発見されたら、ウイルス感染を疑ったほうがいいでしょう。

動作が重くなる

インストールされたウイルスはバックグラウンドで活動しています。
アプリを起動していないのに動作が重たい・・と思ったら、それはウイルスが原因かもしれません。

勝手に動く

触ってもいないのに、アプリが勝手に起動する、電源がついたり切れたりするというように明らかにおかしな動作が確認されたらそれはウイルスかもしれません。

「ウイルス感染警告」が表示される

「iPhoneがウイルスに感染している可能性があります!」という警告のポップアップを見た子とはありませんか?この警告がでたからと言って、必ずしも感染しているわけではありません。
一度、このポップアップを強制終了させましょう。
それでもこの警告が表示される場合は、ウイルススキャンを行いましょう。

ウイルス感染した時の対処法

セキュリティアプリをインストールする

iPhone用のセキュリティアプリがあるので、インストールすることをおススメします。

初期化する

初期化する前にバックアップしておきたい気持ちになりますが、ウイルスのデータも引き継がれてしまうため、データごと削除して初期化することが必要です。

端末の買い替え

最悪の場合は端末の買い替えを検討しましょう。

感染を防ぐ対策方法

iPhoneも十分にウイルス感染の可能性があることが分ったところで、では普段からどのように対策していったらいいのかご紹介していきます。

iOSはアップデートする

問題が見つかる度に素早く更新されるiOS。古いまま使っていると、問題を引きずったまま使っていることになります。
最新バージョンが公開されたらアップデートするようにしましょう。

ロックを設定する

パスコードロックや指紋認証ロックを設定している方がほとんどだとは思いますが、紛失時や盗難時に後悔しないためにも設定していない方はしておきましょう。

脱獄はしない

脱獄とは非公式アプリの動作を可能にすることです。高機能なアプリをインストールすることができるなど、使えるアプリの幅が広がりますが、同時にウイルス感染のリスクはかなり高くなります。
安全にiPhoneを使っていくためにも脱獄はしないほうがいいでしょう。

フリーWi-Fiスポットは選んで利用すること

最近は公共施設やいろんなお店でフリーWi-Fiを提供していて便利ですよね。
誰でも利用できる反面、ウイルスを送られたり、端末に侵入されたりする危険もあります。
なるべく利用しないか、利用した場合は、講座振替やSNSへのログインなど重要な操作は避けるようにしましょう。

iPhoneだからといって油断はできません。
どんどん便利になっていくと同時に新たなリスクも出てきます。
このように普段から対策できることは、意識して行っていきましょう。