OSとは?スマホ選びの基本、iOS/Android/Windows Phoneの違いとは?

OSとは?スマホ選びの基本、iOS/Android/Windows Phoneの違いとは?

OS(Operation System)という言葉は日常ではあまり使わないものの、身近な存在ではあります。

なぜならばOSはアプリやデバイスを動かすソフトウェアのことで、みなさんがお持ちのスマホやパソコンには必ずそれぞれのOSが組み込まれているからです。

「それぞれのOS」と言いましたとおり、OSには種類があります。
OSによってアプリの種類、数、質などが異なるので、スマホ・パソコン選びには「まずどのOSを使いたいか」を決めることが基本となります。

スマートフォンのOSの種類

iOS

iOSはAppleが開発したOSです

「iOS」はAppleが開発・製造しているOSです。
iPhoneやiPadなどのApple製品に組み込まれています。

iOSのメリット

■シンプルで使いやすい

なんとiPhoneには説明書がついていません!
説明書がなくても直感的に使いこなせてしまうからです。子ども(なかには赤ちゃんまで!)がスイスイiPadを扱っているのを見かけるとやっぱりAppleってすごい!ってなってしまいます。

■強固なセキュリティ

Androidとは異なり、iOSアプリは必ずAppleの認可がないとアップすることができないため、厳しい判断基準を踏んでいます。
アプリのインストールによるウイルス感染の心配はほとんどありません。

■キレイな挙動

スクロールした時のなめらかな動作や細かな挙動のキレイさはiOSの方が優れていると言えるでしょう。

iOSのデメリット

■カスタマイズ性が低い

シンプルで操作性が良い反面、自分で自由にウィジェットの配置などが変更できません。
しかしiPhoneしか使ったことがない方にとっては何の事?と疑問に思うかもしれません。
Androidは自分好みにウィジェットを追加したり、アイコンを増やしたりできるのできるのです。そういう面では、Androidに比べるとカスタマイズ性に欠けているでしょう。

※ウィジェット:ホーム画面に設置できるアプリのこと

■アプリは有料が多い

同じアプリでもAndroidでは無料なのに、iOSバージョンでは有料という場合があります。
iOSアプリはAppleの厳しい審査が必要になるからでしょう。

■アフターサービスはアップルストアまたは正規サービスプロバイダのみ

故障などのトラブル時は近くにアップルストアがないと、すぐに対応してもらえないので困ってしまいます。
しかしどこかのキャリアでiPhoneを購入した際はキャリアの端末保証に加入するとキャリアショップでも対応してくれます。

Android

AndroidはGoogleが開発したOSです
「Android」はGoogleが開発したOSです。
設計図が公開されているため「オープンソース」と呼ばれています。
そのため世界中のメーカーがAndroidを組み込んだ製品を販売しており、メーカーごとに操作性など特徴が異なります。
「オープンソース」であるAndroidはスマホだけでなく、音楽プレーヤー、タブレットなど様々なデバイスに組み込まれています。

Androidのメリット

■自由度が高い

ウィジェット・ホーム画面、メニューを自分仕様にカスタマイズすることができます。
アプリを開かなくてもホーム画面で天気予報やカレンダーの予定などを一目で確認することもできます。

■携帯電話機能がそのまま使える

携帯電話に搭載されていた「おサイフ携帯」「ワンセグ」などの機能を備えた端末もあります。
スマホでも慣れ親しんだ携帯電話機能を使いたい場合におすすめです。

■アプリが豊富

Androidは開発者が自由にアプリを販売することができます。アプリ数も豊富でいろんなアプリを見つけることができます。
iOSアプリのように審査がない反面、クオリティが低いアプリも存在します。

Androidのデメリット

■端末・メーカーが変ると仕様も変る

メーカーによってカスタマイズされるOSなので、機種が変れば仕様も変り、同じAndroidでも操作に慣れるまで多少の時間がかかってしまします。

■バージョンアップのタイミングがばらばら

オープンソースであるAndroidは機種によって画面サイズ、独自機能などが異なります。
機種ごとにOSを作る必要があるため、バージョンアップする機種と、しない機種がでてきます。

■端末によって使用できないアプリもある

機種によってOSをカスタマイズしているので、アプリも対応しているもの、対応していないものもでてきます。

このように、iOS、Androidともにメリットがあれば、それが反面にでてデメリットとなったりします。
それぞれの特徴をつかんで、どちらが自分にとっては使いやすいのか考えて選ばないといけません。

Windows Phone

Windows PhoneはWindowsがスマホ向けに開発したOSです
パソコン向けOSを展開するマイクロソフトが開発したスマホ向けOSです。
日本ではあまり見かけないOSですが、世界的にみると意外と使われています。
さらに近年では格安SIMメーカーがWindows Phoneをどんどん導入しているのが現状です。

Windows Phoneのメリット

■スマホでパソコンと同じアプリが使える

スマホでもMicrosoft Officeファイルを閲覧したり編集したりできます。

■外部ディスプレイに繋げてパソコンとして使える

外部ディスプレイに接続することで、「Continuum(コンティニウム)」というOSの機能がアプリの表示を接続したデバイスの画面サイズに適合させることができます。
キーボードを繋げるとタッチ操作からキーボード操作に切り替わります。

■強固なセキュリティ

Windowsストアでアップされているアプリは厳格な審査を通ったもののみです。
セキュリティアプリが必要ありません。

Windows Phoneのデメリット

■アプリ数が少ない

Windows Phone対応アプリ数は40万未満であり、iOS、Android対応アプリの半分以下の数です。
しかし、MicrosoftはiOS、Android対応アプリをWindows Phoneでも利用できるようにシステムの開発を進めているようです。

■キャリア対応の機種がない

現在、Windows Phoneが組み込まれた機種の販売は国内大手キャリアdocomo、au、Softbankでは行われておりません。
主に格安SIMスマホに組み込まれています。

Windows Phoneはパソコンと同じように使えたりすることから、法人携帯としてビジネスでの利用が期待できますね。
格安スマホも増えてきている中、Windows Phoneユーザーも今後増えてくることでしょう。